ミニ電光掲示板 プロトタイプ

ミニ電光掲示板 プロトタイプ完成しました。

このミニ電光掲示板は、スマホやパソコンからメッセージを送ったら
ミニ電光掲示板にスクロールして表示されるものです。

使い方の例としては

スマホや携帯を持っていない子供に自宅へメッセージ
を送って外出先からいつでも伝える事が出来る。

子供へのメッセージ例はこちらをクリック

高齢者など耳が遠い方への連絡事項を視覚的に伝える事が出来る。

鉄道が好きな方は、駅の電光掲示板風な使い方をしてオリジナルな
駅名や停車駅などを表示させて遊べます。
鉄道模型の装飾用として使うのも良いかもしれません。

使用環境としては
無線LANが使える事
IPアドレスを固定させる必要があるので無線LAN機器の設定が出来る事

無線LANがある自宅内で使用する場合は下記の画面の機能が使えます(例)
※スマホ画面のスクリーンが途切れたので上下2枚で表示しています。

上の方に白い枠と右に送信ボタンがありますが、この白い枠にメッセージを
書き込んで送信ボタンを押すと、ミニ電光掲示板にメッセージを表示させます。

会話の代わりにチャット感覚で使う事が出来て便利です。
耳が不自由な方、年配で耳が聞こえにくい方との会話ツールとして使用出来ます。

Scroll Speedの表示と右側の黒枠ですが、こちらはスマホ専用で操作可能です。
(パソコンでは使用できません)
画面のスクロールスピードは、作成時に任意のスピードでプログラムにて設定
しますが(作成時に早めか遅めを確認してプログラムに書き込みします)
この黒枠をクリックする事により任意のスピードに変更出来ます。
左側がゆっくりで右側にいく程速くなります。

緑色のボタンですが、二種類の時計表示が出来ます。
時計はデジタル表示で、スクロールはせず固定となります。

左側クリック 秒表示

右側クリック 月日表示

Display menuは4項目あります。(3番目はオプションの為、オプション無しの
バージョンは使用出来ません)

1.Yahoo!ニュースTOP ヤフーニュースの項目がスクロールされます。
新幹線の車内で表示される様な感じです。
ヤフーニュース表示はこちらをクリック

2.メッセージモード 起動時にはこのモードで立ち上がります。
スマホやパソコンから自宅無線LANの繋がる範囲で使用出来ます。
(外出先からもこのモードですが、スマホやパソコン画面で選択は出来ず
このモード固定です)
メッセージの表示をさせる事が出来ます。

3.ガスコンロアラーム(オプション無しの場合は使用出来ません)
別売りのガスコンロの炎センサーを使用した場合に任意時間ごとに
メッセージの表示とアラーム音(任意で音声ファイルを事前に書き込みします)
が鳴ります。

ガスコンロアラーム表示はこちらをクリック

ガスコンロアラーム音声はこちらをクリック

4.メッセージボード(T MODE)
テストモードです。
会話の様に使う場合は、このテストモードに一旦切替すると短い時間ごとに
メッセージをサーバーから読み込みして表示可能です(数十秒~数分 あまり
短い設定だと再読み込みする時に一瞬画面表示停止しますので、それが気に
なるかもしれません。
設定はプログラムで作成時にしますのでユーザーで任意に変更する
事は出来ません)

スマホからメッセージを送っても、すぐには画面に反映されず、設定した
読み込み時間経過後に新しいメッセージが表示されます。
このモードの使用が終わったら2.メッセージモードに戻すか電源をオフ
にしておいて下さい。サーバーに負荷がかかるのを防止する為です。
※電源オフにして再度オンにした時は、2.メッセージモードで立ち上がります。

WebSocket Status
この表示の下にあるグレーの枠の中に表示されているのは、スマホとミニ
電光掲示板本体内の無線マイコンとの同時通信状態を表示しています。

WS.CONNECTED 同時通信が接続されている状態です。この状態でスマホ
で操作が可能です。

WS.DISCONNECTED 同時通信が切断されている状態です。この状態はスマホ
での操作は出来ません。

※一定時間が経過すると WS.DISCONNECTED になる様になっていますので
操作が出来ない場合は、この枠内の表示を確認して下さい。
WS.DISCONNECTEDの表示の場合は、下にあるグレーのWS-Reconnectボタン
を押して下さい。WS.CONNECTEDへ表示が変わり操作可能となります。

WS-Reconnectボタン 上記WS.CONNECTEDの接続状態に切替します。
(グレーのボタン)

WS-CLOSEボタン  WS.CONNECTED接続状態からWS.DISCONNECTED切断状態へ
切替します。
誤操作防止する場合などに使用します。

ReLoadボタン   スマホに表示している画面の再読み込みをします。

—————————————————————
外出先からメッセージを送付する場合

外出先よりメッセージを送付する場合は、スマホで表示される画面が変わります。
接続先のURL(個人ごとに割り当てしますので別途通知します)をクリックすると
下記の様な画面が表示されます(表示は都度変更していく可能性があります)

赤色文字で表示されている「ミニ電光掲示板にメッセージ」の右側の枠をクリック
してメッセージを書き込み下にあるグレーの送信ボタンを押すとメッセージが送信
されます。
送信ボタンを押すと、サーバーに保存されて電光掲示板が一定の時間ごとに
(プログラムで作成時に任意の時間に設定します。ユーザーで任意に変更する
事は出来ません 数分~任意時間で設定)サーバーへ読み込みしてミニ電光
掲示板にメッセージを表示させます。

会話の様に使う場合は、テストモードに一旦切替すると短い時間ごとに
メッセージをサーバーから読み込みして表示可能です(数十秒~数分
あまり短い設定だと再読み込みする時に一瞬画面表示停止しますので、
それが気になるかもしれません。
設定はプログラムで作成時にしますのでユーザーで任意に変更する
事は出来ません)

※送信する前に、前回送信したメッセージで最新の保存されている分を見る事が
出来ます。
画面下の方にある最新データ確認用アドレスと書かれている下のURLをクリック
すると表示されます。

ミニ電光掲示板を消すと表示されている下のURLをクリックすると
電光掲示板の表示を遠隔で消す事が出来ます。

このサンプルでは表示していませんが、メッセージ確認用URLをクリック
すると、ミニ電光掲示板のメッセージを確認して本体で確認ボタンを押して
画面を消す操作をした最新の日時が見れます。
この時間とメッセージを送信した時間を比較してメッセージが伝わったかの
確認が出来ます。

※製品版での仕様検討中の内容
1.スマホやPCで表示される操作画面の英語表記を日本語に変更
2.読み込み時間や音声については、ユーザーごとに事前打ち合わせして作成
する為、受注生産とする。音声はMP3データがあればユーザー任意の音声を
プログラムに組込可能。
3.画面の色も緑、黄、青の三色(それぞれ単色のみ)あるのでユーザーにて
選択してもらう。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

1.の対応を実施しました。

—————————————————————
オプション機能について

オプションとしてガスコンロの炎監視センサーを用意しています。

このセンサーを使用(Wi-Fi接続の為、本体と直接接続せず電源アダプターのみ
コンセントに接続すれば使用可能)すればミニ電光掲示板に表示と音声にて
ガスコンロ使用時に一定時間経過のお知らせが出来ます。

消し忘れ防止として使用、また遠隔で家族の方がガスコンロをオン/オフした
日時を監視出来ます。

さらに、ソフトを使用して一定時間経過してもガスコンロがオンのままだと
登録したメールアドレスへメールにて通知も可能です。

※製品版オプション機能での仕様検討中の内容
1.ガスコンロだけでなく、電気、扉開閉、エアコンなども監視・制御させる

—————————————
説明文はまだ途中ですが、近日中に追記します。

ミニ電光掲示板とガスコンロ消し忘れ監視システム

ミニ電光掲示板とガスコンロ消し忘れ監視システムの基板図面出来ました☆

基板屋さんへ発注完了です♪

ミニ電光掲示板の動画はこちらをクリック

ガスコンロ監視システムのテスト動画はこちらをクリック

このシステムは、スマホで文字を送ると、ミニ電光掲示板に文字が表示出来るものです。
小さな子供さんや高齢者など耳が遠くてもメッセージを送って伝えられるので便利です。
オプションとして、ガスコンロを点けていたら一定時間ごとにミニ電光掲示板へお知らせ
メッセージが表示され、それでも点いたままだと、一定時間後にスマホ等登録したメール
アドレスへお知らせメールが届くように出来ます。

今回、電光掲示板の電源スイッチをオフにしてても、強制的にオンにして点灯させる様に
しました。これで消し忘れの注意喚起に役立つかと思います。

NSX-Rマウス作成しました☆

NSX-Rマウス作成してみました☆

と言っても市販のBMWマウスにシールを作成して貼っただけですが(笑)

BMWの丸いエンブレムは外してからシール貼ってます。

作成したNSX-Rマウスはこちら

オリジナルのBMWマウスはこちら
↓ 画像をクリックすると販売ページに行けます

 

ESP-WROOM-02 書き込み出来ないトラブル

最近発生したESP-WROOM-02に書き込み出来ない、プログラム起動させるとWDTが作動して止まる
というトラブル解決せず色々調べて試していますが、

今朝、電源に100ufのコンデンサを入れるという記事をネット見つけたのでやってみました。

まず、コンデンサ無しだと書き込み出来ず。

コンデンサを付けてみると

書き込み出来ました☆

しかし、数回やってると・・・また書き込み出来なくなりました。

う~ん・・・謎だ。

※写真にはアダプター繋いでないですが、テスト時は電源と簡易電流計付けてました。
 うまく動作した時より失敗した時の方が少し電流値が高いように思います。
 コンデンサ最初に付けた時は電流値下がりました。 

スマホでラジコン操作☆見守りカメラロボット買ってみた♪



詳細はこちらの画像をクリックして見て下さい☆
購入した店舗の商品説明ページです♪

こんなの作りたいと思ってたのが商品化されてたのでテスト用として買ってみた☆

自宅内での操作はバッチリだったので、さっき通勤電車から操作しても使えた☆
赤外線カメラとして使えるので暗くても使えるのが良い!
ただし、暗いところだとカラーの普通のモードでは見えにくいので赤外線カメラに切り替えて(モノクロ)走らせると画面見ながらだけでどこでも走らせる事が出来た。
倒れても起き上がる(横にこけない限り)モードがあるので便利♪
音声通話も出来る!!
充電器に近づいてスマホでボタン操作すると、自動で充電器と位置合わせして接続完了させてくれるのも便利♪充電台も回転するから、充電しながらカメラ回転させて映像見る事も出来る☆
写真や動画撮影に、動いた者に反応してスマホにお知らせも出来ます☆

ここまでのを自作するのはかなり大変そうなので、自分は固定でカメラの向きだけ動かせるのやります。

ESP-WOOM-02でリモコンデータの取得テスト

ESP-WOOM-02でリモコンデータの取得テストやってみました。

赤外線の受信してシリアルモニターに表示出来ました。

リモコンのボタン押した一瞬にこれだけのデータがやりとりされて判断して

動作すると考えるとすごいですよね。

ただ、送信用の赤外線LEDを持っていなかったので、送信テストは後日やってみます。

成功したら外出先からエアコンをON/OFFしてみます。

お天気くん Wi-Fi接続ついて ESP-WROOM-02

お天気くんの商品化を検討するに伴いWi-FiのSSIDとパスワードの管理をどうするかが問題点でした。

ESP-WROOM-02をインターネットに接続するにあたり、SSIDとパスワード
をプログラムの中に書いて運用するとなると、事前に利用者から聞いて
データを書き込む必要があるのと(セキュリティ的に教えたくないと思われるかも)、もし、無線LANの機器を変更したり
すると、データの書き換えの為、送り返してもらい書き換えするとか、
設定した機器のある場所以外では使用が出来ないという問題がありました。

そこで何か良い方法はないかと調べていたら、こんな素晴らしいのがありました。
参考にさせていただいた記事

早速プログラムに導入したところ、初めて接続する時でもスマホでSSIDとパスワードを入力したら接続出来ました。
一度設定すれば、お天気くんの電源を切っても再度電源を入れたらそのまま接続されて動作します。
無線LANの機器が変更になったり、いつもと違うWi-Fi環境で接続する時はスマホなどでSSIDとパスワードを設定すれば接続され使用できます。


こんな感じでスマホなどで入力します。

これで商品化も可能となりました☆

お天気くん試作品完成 ESP-WROOM-02開発ボード使用

ESP-WROOM-02開発ボードと液晶ディスプレイを使用した
“お天気くん”の試作品が完成しました☆

“お天気くん”とは何か?

インターネットの世界各国の各天気データを提供しているサイトから
JSONという形式のデータ(下記参照)を取得し、この沢山あるデータから
天気の状態(icon)、気温(temp)、湿度(humidity)、都市名(name)、国名(country)
を抜き出して天気の状態はフルカラーLEDを光らせて表示し、その他の
情報は液晶ディスプレイに表示させています。

お天気JSONデータサンプル
{“coord”:{“lon”:135.8,”lat”:34.69},”weather”:[{“id”:802,”main”:”Clouds”,”description”:”scattered clouds”,”icon”:”03n”}],”base”:”stations”,”main”:{“temp”:27,”pressure”:1004,”humidity”:83,”temp_min”:27,”temp_max”:27},”visibility”:10000,”wind”:{“speed”:4.6,”deg”:290},”clouds”:{“all”:40},”dt”:1502479800,”sys”:{“type”:1,”id”:7514,”message”:0.0078,”country”:”JP”,”sunrise”:1502396083,”sunset”:1502444913},”id”:1855612,”name”:”Nara-shi”,”cod”:200}

作製を考えた使用目的としては、海外出張しているご主人、遠距離恋愛している
恋人など、大切な人と離れて生活していても、その土地の天気や気温・湿度など
をLEDの光や液晶ディスプレイで日常生活する空間に表示させておく事により
少しでも身近に感じられたらという思いからです。
今はインターネットやスマホで見ようと思えばすぐ見れるのですが、日常生活の
動線にインテリアとして置いて日常生活をしながら見て感じられるのが特徴です。

天気の表示するLEDのカラーは下記の通りです。
晴   赤色
曇   緑色
雨   青色
霧   紫色(ピンク色にも見える)
雷雨  オレンジ色(制御の都合上黄色にするのは断念)
雪   水色

下記一部写真掲載





LED点灯テストと液晶ディスプレイバックライトの照度調整テスト動画

LEDは箱の下から照らしており、ガラスのタワーは乗せているだけ(実際の使用には
両面テープで軽く接着程度)他の物に簡単に取替可能です。
アクリル板のフォトフレームを使用して大切な人の写真を入れておくという使い方
も良いのではないでしょうか?
箱(土台)も含めて装飾はしておらず、ガラスタワーも含め、ご使用される方のセンス
で光らせる物の変更や本体を装飾して使って頂けたらと思っています。

フォトフレーム点灯サンプル


※中に入っている写真はサンプルで縦の写真を横にしている状態で
撮影しています。

液晶ディスプレイには下記の表示をしています。
上段 都市名
下段 国名(アルファベット2文字表示) 温度 湿度

天気データサイトにある指定された都市名に連動してLEDと液晶の表示が
変わります。
サイト名 OpenWeatherMap
URL   http://openweathermap.org/

都市名の指定は、指定したURLにパソコンかスマホ等でアクセスしてアル
ファベットや英語で入力して送信すると、LEDが点灯から消灯のサイクル
が終わった後に変更されます。

都市名入力画面

お天気くん本体は、Wi-Fiで接続で、事前に設定したご家庭のWi-Fi機器の
SSIDとPASSWORDでインターネットに接続されます。
都市名の指定についてはネットがつながる環境であれば、どこでも可能
です。
都市名については、上記サイトのマップを表示させて頂き、表示されてい
る任意の都市名を入力して頂けます。

お天気くんの左側にあるツマミは液晶ディスプレイのパックライトの明る
さの調整が出来ます。

電源は、パソコンのUSBケーブルで接続または、ACアダプターとなります。